小川のお庭    紐を極める    日本の祝祭日    ヴァルコネ    資産運用

今後は在庫品を除く、大部分のご予約販売は年1回(春のみ)でのお届けで調整をいたします。また生産者さまの減少でお値段の変動、またはご予約からお届けまでに数年のお時間をいただくことも珍しくありません。時間軸が長くなりますが出来る限りのサポートを組んで参ります。引き続きよろしくお願い申し上げます。

【植木のご予約は2020年2021年でのお届けとなります】

【一重結び・シートベンド】紐と紐を繋げて長くする結び方

細い紐同士をそれなりの強度ですばやく結びたいときに用いたい方法です。

【良い点】

すばやく、簡単に、しかもそれなりに強固な結びを行うことが出来る。

【悪い点】

堅く、強く結んでしまった場合は解くことが困難、または無理である。

     
     

下記の写真は結び目が見えやすいように固いナイロン系の紐を使っています。実際はこれよりも結び目が締まることなります。

本結び・横結び

本結び・横結び

本結び・横結び

本結び・横結び

     
     

【紐結びに際して注意すること】

紐といってもいろいろなものがあります。ホームセンターへ出かけていけば様々な種類が並びどれを選んで良いのかわかりません。ナイロン系素材、木綿、麻、または伸縮のあるものなど。特に大きな物や、重い物、トラックの荷台に積むなどの場合は、経験者や、販売員の方に相談し、適切な物をご使用ください。紐の太さも太ければ良いということではありません。それぞれの素材の利点を学んで、実際に経験しておくことは必須のこととなります。

さてこのように紐は素晴らしい道具であることが分かってきましたね。これほどに便利で使えるものもありません。仕事でも、日常の中でもいたるところに紐は存在しています。職人さんや、漁師さん、トラックの運転手さんもそうですね、荷物を縛ったり、船を繋いだり、イメージが湧いてきましたね、建物や、橋にもワイヤーが使われますが、これも言い方をかえれば紐のようなものです。とにかく便利なこの紐、そして以外と知らない紐の結び方。せっかくなので少し勉強していきましょう。いざという時にはきっと皆さんの役に立ってくれるはずです。

花実屋トップ サービス お買い物 果物、野菜 山野草 植木 薬草 お庭のお手入れ 害虫と病気 コケ玉、ミニ盆栽 管理方法 花実屋とは 取り扱い店舗様 特定商取引法に基づく表記 peach nagano japan grape nagano japan